CONCEPTO DE ENTRENADOR

コーチングコンセプト

OCHOでは選手である前に人間として成長することを1番に考え指導します。

「子供の考えをリスペクトする。」

選手のことを1番に考え、一つ一つの考えをリスペクトします。
子供の発想には子供なりの理由があります。コーチがその発想を尊敬し、人間として間違った行動は指導することで大人になっても重要な価値観を習得できると考えます。

「個性を突き抜けさせる。」

選手が生まれ持った「個性」は才能です。コーチの意図を押し付けるのではなく選手の発想、特徴を理解することかから始め、自分自身の長所をとことん伸ばし、誰にも負けない武器を身につけさせることが私たちのコンセプトです。世界で闘うにはlこの「個性」が最も大切と考えます。

「子供自身で解決させる。」

トレーニングでは「〜しなさい。〜をしなければならない」といった直接的指示を行うことはせず、質問式で自らが考え、各状況で解決しなければならない環境を創り出します。サッカーでは毎回の状況で自ら決断して行動することが重要です。私生活でも大人になるまで各状況で解決できる人間を私たちは才能=タレントと考えます。

「自信をつけさせ、上を目指す。」

日本の少年サッカーでは、高い意識を持ちトレーニングできる環境が多くはありません。選手自身が自信を持てるような働きかけをすると同時に、上を目指し、成長するために努力する大切さを身につけれるよう指導します。

「選手の成長ポイントを見逃さない」

一人一人の成長できる瞬間を見逃さないよう、グラウンド内、グラウンド外共に指導します。各個人でフォーカスするポイントは異なるため、その子にあった声かけを行い、成長できる環境づくりを常に意識します。子供達の変化を見逃さないよう取り組みます。